ニューボーンフォトにオススメの
フォトグラファーを探せるポータルサイト

  • Instagram
  • info@studiobirth.net
  • お知らせ
  • Newbornphoto.jp
  • Newbornphoto.jp
  • Newbornphoto.jp
  • Newbornphoto.jp

Remain in Your Memories

日本でも浸透し始めた「ニューボーンフォト」。
産まれたばかりの新生児期の撮影はデリケートです。
赤ちゃんを心地よく深く眠らせ、可愛いポーズで、
アートな写真を撮影する知識・経験が必要です。
一生に数週間だけの新生児期の撮影。
後悔のないフォトグラファー選びのお手伝いサイトです。

当サイトは、プレベビーブックのBirth Design Officeスタッフが実際にお会いし、
お人柄・作品共にオススメしたいフォトグラファーさんをまとめています。
ご予約やご質問は、リンク先のホームページより直接お問い合わせくださいませ。

※撮影時のトラブル等が発生した場合、当サイトは一切責任は負い兼ねます。

Pre Baby Book プレベビーブックPre Baby Book プレベビーブック

What’s
Newborn photo?

本物のニューボーンフォトとは?

ぐっすり眠った状態で、おなかの中にいたときの
まあるく柔軟性のある体だからできるポージングでの撮影です。
産まれて2週間以内の撮影がおすすめです。

What’s Newborn photo?

海外におけるニューボーン
フォトグラフィーの定義

fotopia 飯田聡子氏 ブログより抜粋

ニューボーンフォトは
大きく分けて2種類あります

ニューボーンフォトグラフィー

海外で呼ばれているニューボーンフォトグラフィー(ポーズド・ニューボーンフォトグラフィー)は、写真家のアート性がより重視されているジャンルで、フォトグラファーの技術や安全への知識、そして経験が問われる分野と言われています。 つまり、ニューボーンフォトは、写真家の意図したポーズや構図を小道具や小物を使用して撮影する新生児写真のことを指します。 一番の特徴は、胎内にいたときの丸みを帯びた独特な身体の形状を再現している点にあります。まだ生後週数があまり経っていない新生児は、体内姿勢を記憶しているため、その限定された時期にしか撮れない神秘的な姿を表現できるのです。基本的には、スヤスヤと眠っている間にポージングをします。 新生児撮影における安全面を含めた専門的な知識とポージング技術が問われ、どのくらいの赤ちゃんを撮影したかの経験も、作品レベルに反映される分野と言われています。またアートの表現方法の一部である、写真家のレタッチ技術も問われる分野とも言われています。

ライフスタイルフォトグラフィー

Lifestyle Newborn Photography(ライフスタイル・ニューボーンフォトグラフィー)は、作り込んだポージングはせず、赤ちゃんのより自然体の姿を撮影したジャンルを指します。海外では、ニューボーンフォトをスタジオで撮影することが主流ですが、ライフスタイルの場合はお客様のご自宅で撮影する場合がほとんどです。ポージングしたり小道具を使用したりせず、ご自宅のベッドルームや子供部屋、リビング等で、普段使っているもので撮影します。ご家族や自宅の雰囲気が前面に出てくるストーリー性のある写真が多いです。ライフスタイルの写真も、細分化するとドキュメンタリー要素の強い写真も含まれるのかもしれません。 ライフスタイルの醍醐味は、ご家族が赤ちゃんを囲んだ幸福に包まれた空気感を汲み取った写真を残すことができることだと思います。ライフスタイルで有名なフォトグラファーの写真を拝見すると、自然体の写真とはいえ、単なるスナップ写真の延長とは一線を画す、ストーリーやコンセプトがしっかりと伝わる芸術性の高い写真がみられます。

Pre Baby Book

お子様のご誕生・出産祝い
はじめてのプレゼントにプレベビーブックを

バースデザインオフィスでは、大切なエコー写真をデータ化してアルバムにします。
お腹にいた時のことを、お子様と一緒にアルバムを見ながら話してほしい。そして何度も見返すことができるよう、本棚に並べていただけたらいいなと思い、お作りしています。

Pre Baby Book

© 2019 Newbornphoto.jp

Page Top